FX

FXの語り部!

FXの語り部!FXやバイナリーオプションについて独自の考えを話します

「今日は負け」

読了までの目安時間:約 4分

 

0831

さぁ。

 

今日も張り切って投稿して行きます。

 

今日のユーロ/円の動きと私のトレードはと言うと…

 

まず日中からニューヨーク時間までは狭い値幅でレンジに近い動きでした

これからどう動くでしょうか?

米10年債利回り低下とかでユーロが少し上がりましたが限定的な動きでした。

と言うよりほとんど動いてない状態

私はと言うと小さい損切りを何度かしてしまいました。

今日は負けですね。

小動き過ぎてダメです。

手仕舞いします

この後はバイナリオプションのデモトレードで遊びます。

 

そんなわけで今日はリアルトレードのネタがほとんど無いので、

両建ての応用をまたお伝えします。

それは「一定の値幅で約定させ続ける」と言う手法です。

一定の値幅がミソなわけですが、値が小さければ小さいほど約定する可能性が高いのですが、枚数がかさんでしまう事が最大の難点で注意が必要です。

枚数がかさむと言う事は沢山資金が必要なわけです。

資金がある人は20pipsくらいずつの約定を狙うのは有りだと思いますが、

そんなに資金が豊富では無い場合…そう私の場合この手法を使う時は20~40pipsの間隔で約定させます。

ユーロ/円ですと一日で動く値幅は多く見積もって、およそ100pipsから150pisくらいと考えています。

さらに「40と60」「90と10」を意識しながら設定します。

要はこのやり方は両建てした両方にリミットを設定すると言うものです。

そして設定したリミットが約定したら両建てしそのどちらもリミットを設定すると言う事を繰り返すわけです。

全てocoなどで設定しておく半自動の様なトレードです

そして多くのマイナス玉が無い事が理想の形であり、出来るだけ一番高いショート玉と一番安いロング玉を残す事が大事でもあります。

まぁ基本的にはマイナス玉が残るのですが、約定しないと含み損が膨らむので資金の許容量はしっかり把握しておく必要があります。

この手法はレンジの動きの時に一番有効で、約定した回数と反転した回数が多ければ多い程利益につながります

今迄のやり方と何が違うのか?と言うと

基本的にはやり続けずに両建てし各々にリミットを設定したら放置です。

後は約定するまで待ちます。両方約定したらラッキーですね。

私はこの逆の方法を相当やってしまいいつも損切りばかりしていました。

それなら逆だと言う事でやってみたらそこそこ勝率が良かったのでお伝えしました

時間のある時はやり続けるととてもいい感じになります。

結果論ですが、今日の様なレンジ的な動きの時はとてもいいのですが、

今日の私は両建てしたのはいいのですが、戦法を間違えました。

皆さんはこんな事しないでも勝てると思うので真似しないで下さいね。

 

 

それでは今日はこの辺で。

トレードは自己責任の範囲で行って頂き、皆さんにとっていい結果が出る事を願っています。

良いトレードを!

 

「うちの犬へ…空気が読める子になってくれ」

 

byパラボ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: