FX

FXの語り部!

FXの語り部!FXやバイナリーオプションについて独自の考えを話します

「今日は負け」

読了までの目安時間:約 4分

 

0831

さぁ。

 

今日も張り切って投稿して行きます。

 

今日のユーロ/円の動きと私のトレードはと言うと…

 

まず日中からニューヨーク時間までは狭い値幅でレンジに近い動きでした

これからどう動くでしょうか?

米10年債利回り低下とかでユーロが少し上がりましたが限定的な動きでした。

と言うよりほとんど動いてない状態

私はと言うと小さい損切りを何度かしてしまいました。

今日は負けですね。

小動き過ぎてダメです。

手仕舞いします

この後はバイナリオプションのデモトレードで遊びます。

 

そんなわけで今日はリアルトレードのネタがほとんど無いので、

両建ての応用をまたお伝えします。

それは「一定の値幅で約定させ続ける」と言う手法です。

一定の値幅がミソなわけですが、値が小さければ小さいほど約定する可能性が高いのですが、枚数がかさんでしまう事が最大の難点で注意が必要です。

枚数がかさむと言う事は沢山資金が必要なわけです。

資金がある人は20pipsくらいずつの約定を狙うのは有りだと思いますが、

そんなに資金が豊富では無い場合…そう私の場合この手法を使う時は20~40pipsの間隔で約定させます。

ユーロ/円ですと一日で動く値幅は多く見積もって、およそ100pipsから150pisくらいと考えています。

さらに「40と60」「90と10」を意識しながら設定します。

要はこのやり方は両建てした両方にリミットを設定すると言うものです。

そして設定したリミットが約定したら両建てしそのどちらもリミットを設定すると言う事を繰り返すわけです。

全てocoなどで設定しておく半自動の様なトレードです

そして多くのマイナス玉が無い事が理想の形であり、出来るだけ一番高いショート玉と一番安いロング玉を残す事が大事でもあります。

まぁ基本的にはマイナス玉が残るのですが、約定しないと含み損が膨らむので資金の許容量はしっかり把握しておく必要があります。

この手法はレンジの動きの時に一番有効で、約定した回数と反転した回数が多ければ多い程利益につながります

今迄のやり方と何が違うのか?と言うと

基本的にはやり続けずに両建てし各々にリミットを設定したら放置です。

後は約定するまで待ちます。両方約定したらラッキーですね。

私はこの逆の方法を相当やってしまいいつも損切りばかりしていました。

それなら逆だと言う事でやってみたらそこそこ勝率が良かったのでお伝えしました

時間のある時はやり続けるととてもいい感じになります。

結果論ですが、今日の様なレンジ的な動きの時はとてもいいのですが、

今日の私は両建てしたのはいいのですが、戦法を間違えました。

皆さんはこんな事しないでも勝てると思うので真似しないで下さいね。

 

 

それでは今日はこの辺で。

トレードは自己責任の範囲で行って頂き、皆さんにとっていい結果が出る事を願っています。

良いトレードを!

 

「うちの犬へ…空気が読める子になってくれ」

 

byパラボ

「チャート分析・今後の予想」後編

読了までの目安時間:約 4分

 

0830

さて。

 

今日は昨日の続きとなります。

ドル円、ポン円、豪ドル円(以下3つのクロス円)のチャート分析です

3つのクロス円の日足は揃ってかなり長い下ひげを付けてから上昇トレンドの様な形になっています。

さらにドル円の1時間足ではレンジを上抜けて一段上のレンジにいる様にも見えます。

MACDもゴールデンクロスに加えてこの形は円安方向に向かうのではないかと予想します。

月曜日もこのまま行けば下げても(円高方向)限定的なのではないかと思っています。

 

 

一方ユーロ/円は弱いです。

日足では十字線になっている事に加え先程お伝えした様に円高方向に壁が出来ている様見えます。

なのでユーロ/円は円高へ

ユーロ/円以外の3つのクロス円は円安方向進むのではないかと思います。(基本的に)

ただこのチャートの形は中国の問題がそれほど今は注目されておらず、さらに米の利上げ観測も後退していると言うファンダメンタルズ的な要素が強く反映されている為の結果と言えるのではないでしょうか?

 

ただ、私としては根本的に何も解決していないと思うので、ユーロ/円以外の3つのクロス円に関しては長い下ひげを目指す事も十分にあると考えています。

 

なぜかと言えば、中国の問題もアメリカの利上げもこれから結果が出るものと考えるからです。

そして昨今の株の乱高下と為替の大きな変動を見ていると何かが変わってきていると思わざるを得ません。

さらに来週は主要指標発表が断続的にあります。火曜日は豪の政策金利、木曜日は欧州の政策金利、金曜日は米の雇用統計の発表となります。

特に金曜日は注意しないといけないですね。

私はエントリーしない予定です。

それと火曜日には中国の指標発表も10:00と10:45にあるのでサプライズ要素になるかもしれません。

来週はテクニカルだけでのエントリーは難しそうですね。

 

私としては基本ユーロ/円をトレードしますので円高方向の壁に向かうとの予想からショートを基本にして考えようと思います。

さらにその理由として、このブログを担当させて頂いた当初ユーロ/円が下がるなら135.60付近と予想しておりそのレベルまで来てしまった事と60ではなく40まで行ってしまった事、さらにユーロ/円の日足のMACDは下向きが維持されている事などが理由に挙げられます。

と、この様に今後の展開を予想しているわけですが、エントリーする時はその都度利確の大きさや時々の状況を見て判断したいと思います。

 

「ロング決済しよ(^^;)」

 

それでは今日はこの辺で。

 

トレードは自己責任の範囲で行って頂き、皆さんにとっていい結果が出る事を願います。

 

良いトレードを!

 

byパラボ

「チャート分析・今後の予想」前編

読了までの目安時間:約 3分

 

08292

さぁ。

私は一日お休みを頂きましての投稿となります。

昨日の私はユーロ/円のロングをホールドし含み益に胸躍らせ

ユーロ/円が今迄作って来た壁を上抜けてくれと切に願ったわけですが、

寝ている間に円高方向に向かい逆側に壁を作ってしまったように思います。

さらに私の建玉は買値付近まで戻されているので最大60pipsくらいあった含み益がプラスマイナスゼロと言う状態になっています。

そんなわけであまり嬉しくない土曜日の朝を迎えての投稿となります(^^;)

 

それでは今回は昨日のおさらいと今後の展開などをチャートで分析したいと思います。

 

まず昨日のユーロ/円の動きとしては一言で言えばレンジの様な動きでした。

一時間足のフィボナッチでは下のエリアにいて前日のMACDのゴールデンクロスからの流れから一時的に上昇するものの

136.60付近でダブルトップを形成してから135.30付近まで下がり136.00まで戻って終わりました。

日足の形は十字線なのでどちらかへトレンドが出る様相があり、個人的には円高方向に向かうのではないかと思います。

4時間足を見ると138.80付近でMACDの相違からの円高方向へ向かい

135.25付近からやはり(弱い)MACDの相違から円安方向へ向かっている様に見えます。

現在がレンジの中にいるのか?トレンドの中にいるのか?

ちょっとわかりづらいのですが、

長い時間足から見ると下降トレンド中なのではないかと思います。

そこで、1時間足の流れから一旦戻ると思うのですが、どこまで戻るか?

4時間足で見るとフィボナッチ下エリアの一番上の136.50付近、

又はパラボリックの136.80付近、

又はフィボナッチの半値戻し137.10付近に注目し、

私ならこの3か所にショートの指値を入れ約定した時々でMACDなども確かめ損切りかホールドか

判断します。

ただ、今迄お伝えしてきたポジションも同じですが、常に状況は変化しているのでこの場でお伝えしているポジションを維持していない事の方が多いと解釈して下さい。

そんなわけでユーロ/円は今のところ上がった売りでいいのではないかと思っています。

さて今回はユーロ/円のチャート分析をしてみましたが、明日はドル円、ポン円、豪ドル円のチャート分析を語らせて頂きたいと思います。

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

「腹筋始めました。」

 

byパラボ

「戦法」

読了までの目安時間:約 4分

 

バイナリ0827

さて。

昨日の投稿後からのユーロ/円のチャートはどうだったでしょうか?

最近はエントリー出来ていないのでちょっとつまらないと感じ、適当にプラスのショート玉決済しました

そしたら、下がりました(円高方向)…

まぁ良くある話です。

私はすぐに両建てなので特に問題ないと思っています。

いつもの事です。

しかし、ユーロ/円のチャートは壁を作ったまま下げていますね

反転した時が楽しみなのですが本当に戻るのか?不安になったりします。

ちなみに私は両建てするのですが、ただ含み損を膨らませるだけではありません。

都度々々枚数に変化を付けてトレードしたりしています

なので現在はショートが3枚とロングが2枚になっています。

最初の両建てと次の片方の決済は試し打ちの様なものなのでこういう事は結構あります。

基本的に「負けたくない」ですから。

その辺は調整します。

 

さらに参考までに、ほんの数日前まではユーロ/円とドル円は反対に動く事が多いと感じていました。

これは米ドル主体で動いている言う事ではないかと思っているのですが…

極々最近、特に中国の問題が取り上げられてからと言うものクロス円は同じ様な動きをする事が多くなって来た様に感じます。

これはどう言う事かと言うとリスク回避の円買い傾向が強いからではないかと思っています。

ちょっと話がそれましたが、要は両建てと言っても同じ通貨ペアでなくても反対に動く通貨ペアを両建て的に持ってもいいと言う事です。

先程お伝えした様に例えばユーロ/円とドル円が反対に動くのであればユーロ/円はロングでドル円はショートこれが当たれば一挙両得ですね。

外れたら…

 

まぁ今回お伝えしたかったのは一言で両建てと言っても色んな戦法の様なものがあると言う事です。

普通にFXをする上でも「買って売る」これだけの事でしかないのに実に色んな戦法があってとても面白いと感じます。

そう言えばシステムトレードと言うのもありますね。

これもデモトレードが出来て、いい感触が掴めたらやってみたいと思いますが、いきなりやるのには抵抗があります。

さらにシステムトレードの中にトラップリピートイフダンなるものもありますね。

同じ買値(売値)とリミットを繰り返すものらしいですが、これも見極めが大事になるような気がします。

見極めと言うと全てにおいての話になりますね(^^;)

 

もう一つ見極めと言えばバイナリオプション

まだ結論を出すのは早いかもしれないので言いませんが、勝てる条件の様なものをきちんと知りたいと言うか、もっと勝たないと結論を出せないです。

ちなみに昨日倍率はFXで言うスプレッドの様なものとお伝えしましたが、ちょっと違うでしょうか?

一つ思った事はハイ&ローを当てて満期(時間)まで待つのが勝つ(勝てる)条件だと言う事です。

この記事を書いていたらチャートに集中したくなりました。

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

トレードは自己責任の範囲で行って頂き、皆さんにとっていい結果が出る事を願っています。

良いトレードを!

 

「明日は一日お休みを頂きます。」

 

 

byパラボ

 

 

「デモトレード」

読了までの目安時間:約 3分

 

0826

さぁ。

今日のユーロ/円、日中はどんな動きをしたでしょうか?

私は昼休みくらいしかチャートを見る機会がありませんでしたのでトレードはしていません。

と言っても両建てホールド中です。

改めて今チャートを少し見ただけですがいくつかが出来ていますね。

137.60と137.45と137.23付近です。(10分足)

これより下はロングでいいと思いますが、何と言っても問題は中国です。

マーケットは今、ニュースに過敏に過剰に反応してしまいそうなのでテクニカルが主体の私はなかなか手が出せません。

ちなみに昨日は夕方から大きく動くと予想していましたが、静かですね(^^;)

今日は大した指標発表が無いのでこれからどう動くか?

私は様子見です。

 

 

そして最近研究中バイナリオプションに注力します。

 

それにしてもやはりオイシイ話はありませんね

まだよくわかっていないのですが、バイナリオプションも難しいです

特に倍率が変動するのがあまり歓迎出来ないです

FXで言うところのスプレッドにあたると思うのですが、あれだけ変動するとなかなか勝てないです。

ただ、私がやっているデモトレードは4種類の通貨ペアが選べるので、通貨ペアを固定せずにわかりやすくて勝てそうな通貨ペアを購入すればいいと思います。

私はそうしています

一度こんな事がありました…

購入価格帯から大きく離れた値に行った時がありどう見ても1円儲かる(購入が999円)

と思ったので上限まで買い見事に(?)1円×枚数勝てました。

ちなみに300円(笑)

こういう事もあるんだなぁと思いました。

まぁ何と言ってもデモトレードです。

こういう事はまれだと思いますが、

FXと同じで自信のある時に購入してプラスが出たら決済でもいいんじゃないでしょうか?

そんなわけで上記に記した壁を割ったので(137.23)購入し勝てました。

しかし…

結果論ではありますが、FXでエントリーしていたらもっと勝ててました。

「あっ!」

いけませんね。

たらればを言うのはダメですね。

次のチャンスを待ちます。

それでは今日はこの辺で…

 

デモトレードで勉強します。

 

それではトレードは自己責任の範囲で行って頂き、皆さんにとっていい結果が出る事を願っています。

良いトレードを!

 

 

「プリングルスが小さくなりました…」

 

byパラボ

「中国ショック?」

読了までの目安時間:約 4分

 

0825

いや~ビックリしました。

昨夜は一時思った以上に円高が進みましたね

ポン円は一日でおよそ8円動きました

もしもこれを取れていたら笑いが止まりませんね。

さらに仕込んでいたら…

豪遊と言ったところではないでしょうか?

もしかしたらそう言う方もいらっしゃるかもしれませんが、

良い事ばかりでは無いので自分は自分でマイペースでトレードしたいと思います

 

 

それにしてもこの株安円高は中国経済の失速懸念の影響でしょうか?

私はやはりそう思ってしまいます。

中国が自国の通貨に手を加える措置を取ると言う事は何かあるからなのでしょう

何もなければ何もしないはずですからね

で、のちにこの株安円高は「中国ショック」とでも呼ばれるのでしょうか?

もう何か名前が付いていたらごめんなさい。

個人的に何かと忙しくてニュースをまともに見れていない状態です。

なので為替のニュースもそこそこしか把握してません。

いや、把握できてるか怪しいところです。

まぁ為替は何と言っても円高傾向と考えて間違いないのではないでしょうか?

私としてはちょっと様子見しています

と言うのも思った以上にバイナリオプションのデモトレードが楽しいからです

色々試して研究中ではあるのですが、読みが当たって勝っても収益で負けるところはただのハイアンドローでは無い事がわかりました。

とにかく今は研究中です。

資金を増やす事に有効な取り引きなのか?

ギャンブル性が強いのか?

バイナリオプション業者に有利なものなのか?

見極めたいと思います。

 

 

少し話は戻って…

先程少し触れましたが、私はほとんどファンダメンタルズの情報を気にしていません

その理由は経験上の話で、特にFXをしている方の多くが注目している月に一度のお祭り。

「米の雇用統計」

私ももちろん注目しています。

ただエントリーはしません

かつてこの指標の発表があって数値がいいからとロングで入ったところ下げが止まらず損切り…

この様な経験が多かったのと、指標に関わらず乱高下する事、普通に勝率が悪かったので、雇用統計に限らず大きく動きそうな時はエントリーしないのが私のルールとなりました。

なのでほとぼりが冷めたあたりで反転したと思えるところを狙います

まぁエントリーするとしたらの話ですが。

なので私が指標発表を気にするのはエントリーを避ける為なのです。

 

 

それにしても今日はヒゲの多いチャートでやりにくいです

こういう時は負けやすいので個人的には基本ノーエントリーです。

ちょっと話が前後してしまいますが、

為替動向の材料として中国が注目されているとすると中国株の数字の推移に注目するのは妥当な判断と言えると思います。

夕方の時間帯がよく動くかもしれませんね

 

 

それでは今日はこの辺で…

 

 

トレードは自己責任の範囲で行って頂き、皆さんにとっていい結果が出る事を願っています。

良いトレードを!

 

byパラボ

「円高」とバイナリオプション

読了までの目安時間:約 4分

 

0824

さぁ。

今日は朝からザワついたチャートの様に感じられましたが皆さんはどう感じられたでしょうか?

ユーロ/円は私の使っているチャートでは約20pips程が開いてのスタートとなりました。

その後、米ドル円、ポン円、豪ドル円、ユーロ円全て下げ(円高方向)の展開でした。

ずっとチャートを見ていられなかったので確かな事はわかりませんがお昼前でしょうか?

ユーロ/円は反転し一旦窓を閉めましたね

こんなに下げてから窓を閉めるとは…

けど、やはりFXの「窓」はその日のうちの閉まる確率が高いですね

そして私は朝一ユーロ/円を利確した後ロングしたので一旦6pipsの損切り後、様子見していましたら仕事の時間となったので出勤しなくてはならなく、

その後チャンスに巡り会えないまま静観するしかありませんでした。

この後はどうなるのか?

基本はショートなのでしょうが今日は様子見です。

乗り遅れたら追わないのが私のルールです

 

 

それにしてもポン円と豪ドル円は大きく下げましたね。

リバウンドを狙いたいところですが、チャートに集中出来ないので次のチャンスまで待たなくてはならないようです。

そして、ポン円は仕込むとか言うレベルの話ではないですね

いや、こういう時こそ仕込むべきかもしれません。

資金力のある方は仕込んでいるかもしれないですね。

さらにポン円は189.10付近で一旦反転しましたね。

やはり「40と60」「90と10」と言ったところではないでしょうか?

まぁたまたまかもしれませんが。

 

チャートの形成はマーケットに任せるとして、今の私に出来る事はと言うとバイナリオプションデモトレードです。

訳もわからずエントリーしてみました。

(FXを始めた時の事を思い出しました)

ただ、自分の買いたい(売りたい)レベルを選ぶと差益がほとんど無い状態になってしまうので、

実際にはかなりの資金力が必要になるのではないでしょうか?

とりあえず勉強してはみますが。

と、言ってる間にデモ画面を見たらプラスになっていたので利確しました(^^;)

満期の時間を待たなくても利確出来るのはいいですね。

とりあえずビギナーズラックでした。

次のエントリー(エントリーって言うのでしょうか?)は調子に乗る事なくじっくりチャンスを待ちます。

何と言ってもまずは操作を理解しないといけないですね。

などとこれを書いている間にも円高はかなり進みました

どうなることやら…

しばらくは円高方向に向かう事になりそうですね

上がったら売りですね。

私は両建てしますが(^^;)

それでは私はバイナリオプションの勉強がありますので。

今日はこの辺で失礼します。

 

 

では、トレードは自己責任の範囲で行って頂き、皆さんにとっていい結果が出る事を願っています。

良いトレードを!

 

byパラボ

「フォボナッチ」

読了までの目安時間:約 4分

 

0823

さぁ!

残暑厳しい日が続き日中はまだまだ真夏と同じ陽気に感じますが、元気に資金を増やして行こうではありませんか!

 

 

私は今日クロス円のチャートを眺めていました。

すると壁を見つけました!

ポン円です!

195.25付近が壁になっています。

現在の値はその壁よりかなり下にある状態です。

こう言う時は仕込むのが正解かと思います(買い下がる)。

ちなみにポン円はその上にも壁があります。

195.90付近です。

ここはダブルトップ的な状態からおよそ9円下げてから195.25付近の壁を作るに至っています。

9円は物凄く大きい値ですね。

ポン円の怖いところと言ったところでしょうか?

しかし、プラス収益になると考えるととても嬉しい値動きをする通貨ペアであるとも言えます。

今後はこのポン円も注目していきたいと思います。

ただ、このポン円ちょっとばかり証拠金とスプレッドが大きめなのが難点。

それに値動きも大き目となると慎重にトレードしないいといけないと思います。

以前痛い目にあった事があるので仕込むのが正解でも、私は両建ても視野に入れてトレードしようと思います。

 

それと、最近の地合いとして中国経済の件、米の利上げの件、原油安の件、などなどあまりいい材料が無い状況ではありますが、チャートの動きを上手くとらえ利益に繋げて行きたいものです。

 

 

さてさて。

昨日まで私のトレード手法の一つ「両建て」をお伝えしました。

全てをお伝えしたわけではありませんが、要点はお伝え出来たので1つは終了となります。

本来ならお伝えする順序としては私が参考にしているチャートについて語ってから手法の話と言うのが定石だと思いますが、手法の一つを先にお伝えしてしまいました。なのでここで私のチャートに使っている「フィボナッチ」について少し語らせて頂きたいと思います。

「フィボナッチ」

FXを始めるまで言葉の存在すら知る事もありませんでしたが、ネットで調べてみると1:1.6の黄金比などと書いてあります。

数字で説明されると私はわかりにくいので違う説明として、自然界に存在する比率でもあるあるらしいです。

そしてこの比率で出来た自然界のものとして巻貝や木の枝の生え方などが挙げられ、この比率を利用して作られた建造物としてエッフェル塔が例として挙げられていました。

さらにその比率で出来たものは美しい形とされると言う事が書かれていました。

そしてこの比率をチャートに応用している。

チャートは自然に出来上がる?チャートの出来方は自然のそれと同じ…

うまく表現出来ませんが結果的に私が一番参考にしているテクニカルです。

証券会社によって多少違いはありますが、一番上と一番下のエリアに現在の値があればその時にエントリーするのが基本と私のルールで決めています。

他のテクニカルとの兼ね合いもあるので「フィボナッチ」だけでなく総合的に判断するのですが、例えば昨日はユーロ/円のMACDの形があまり良くないとお伝えしましたが、ゴールデンクロスなので期待が持てます。

「フィボナッチ」的には売りのエリアではありますが、このエリアでゴールデンクロスなのは上昇の力が強い事を示しているように私はとらえます。

まぁこの読みが当たるがどうかは月曜日わかりますね。

 

 

ではトレードは自己責任の範囲で行って頂き、皆さんにとっていい結果が出る事を願っています。

良いトレードを!

byパラボ

「待つ」

読了までの目安時間:約 5分

 

0822

さぁ。

土曜日となり今日と明日マーケットはお休みですが、昨日の結果といいましょうか、今朝ユーロ/円は139.00付近で止まっような状態となりました。

時間帯が悪かったのでしょうか?勢いの様なものは感じられませんでした。

ゆっくり上がっていったようなチャートに見えます。

この土日で特に何もなければ月曜日も円安方向へ向かってくれるのではないかと期待してしまいます。

ただ、私が見ているチャートではMACDがあまり良くない形になっているのでこのまま楽観視していいのか心配です。

まぁその時々で出来る時は対応して行きたいと思います。

 

 

さて、昨日はチャートを見ながら調べ物などをしていたのですが、FXがらみでバイナリオプションなるものがあるとかで、

以前から聞いた事はある程度だったのですが、暇だったので、デモトレードでもやってみようと手続きをしました

で、まだよくわかってないのですが、これで稼げるのか?と言う疑問が湧きました。

いかんせん勉強不足なので何も語る事が出来ませんがバイナリオプション初心者の奮闘記的な事も今後お伝えして行こうと思います。

 

 

さて。

このところ私のトレード手法とその解説をお伝えしています。

今日もその続きなのですが、昨日は資金の許容量を知る事が大事と言う事と改めて決済と同時に両建ですとお伝えしました。

何と言ってもこの手法は行って帰って来るまでは利益が出ないのが短所です。

決済した方向と逆の建玉がプラスマイナスゼロに近くならないと利益になりません。

ただ、最初50pipsの決済をして25pipsの戻りで逆の建玉を決済すれば25pipsの利益です。

この場合逆の建玉はマイナス決済ですが50-25=25。

マイナス決済でも結果がプラスならよしとしていいのではないでしょうか?

そして最初の決済の場所がたまたま悪く戻らなかった時。

例としてスプレッドは考えずに説明すると…

138.00で両建てしショートの建玉を137.50で決済。

その後全く戻らず137.00まで進み、

またショートの建玉を決済。

この時の状態としては

138.00、137.50、137.00のロングと137.00のショートの建玉があり、

収益の状態としてプラス100pipsの決済分とマイナス150pipsの含み損を抱える事となります。

ここで全決済すると50pipsのマイナスですが私は138.00へ戻るかプラス決済が出来るまで待ちます。

実際プラス決済が出来るまで半月待った事があります。

資金が吹き飛ぶかととても怖い思いをしました

結局完全に戻るまでは待てなかったのですが、ちょっとプラスで全決済する事が出来ました。

ラッキーだったのかもしれません。

この時の事を先程の数字で説明すると137.00の時点ではマイナス150pipsの含み損ですが137.50へ戻った時点ではプラス50pipsの含み益。

138.00まで戻ればプラス100pipsとなります。

遠回りですね(^^;)

それに何だかわかりにくいかもしれませんが

一番いい例えとして今回のユーロ/円の様な壁のあるポイント138.80付近で両建てし資金と相談してショートだけを決済。

含み損は抱えたまま反転するのを待てばいいのです。

とにかく資金がプラスになるまで「待つ」です。

この手法は自分の思惑と逆に行ってしまった時に有効です。

壁をすんなり抜けてくれれば面倒な事はないのですが。

それより自分の思惑通りに動いてくれればほんとに楽なのですが。

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

トレードは自己責任の範囲で行って頂き、皆さんにとっていい結果が出る事を願っています。

良いトレードを!

 

byパラボ

「反転」

読了までの目安時間:約 5分

 

0821

さぁ。

今日のユーロ/円は138.80付近を上抜けるのか?と言う場面がありましたね。

結局何かのニュースに反応したようで、円高方向に大きく動いてしまいましたね

ニューヨーク時間になりこれからどうなるか。

ちょっと楽しみです。

私はロングで数枚仕込みました。

後は果報は寝て待て。

リミットに届くのを待ちます。

ちなみに今日中に壁を抜けないとなると月曜日に「窓」が開きそうな気がします。

それでも私の予想では今夜抜けるのではないかと考えています。(抜けて欲しい

まぁこればかりはどうなるか?マーケットが決める事ですね。

そして138.80付近の壁を抜けた後はどのくらいまで伸びるか?やはり直近高値の141.00付近が意識されるところだと思います。

なので私は仕込んでおいた内の1枚をその付近で他をその上でリミットを入れておきました。

あとは約定するのを待つだけです。

それにしても今回のユーロ/円はとてもわかりやすい…と言うか私的にポジションを取りやすいチャートの形になっていたので良かったです。

このユーロ/円が終わると次に良い形のチャート(ポジションを取る場所)を待つか探すしかなくなるのですが、それもまた楽しい作業でもあります。

まずはユーロ/円の動向を見て行きたいです。

 

 

さて、昨日私のトレード手法の一つ「両建て」をお伝えしました。

両建てしてプラスになった方を決済しさらに両建て。

これが基本です。

「そんなんで勝てるのか?」とお思いの諸兄は多い事と思います。

もちろんこの手法にも長所と短所があります。

まず得意な値動きの状態としてレンジの時にこの手法の長所が発揮されます。

要は行って帰ってくるこの動きがいいのです。

例えば両建てしプラスを決済。

その後「反転」しマイナスの建玉がプラスマイナスゼロになったら最初にプラス決済した金額が利益になります。

遠回りですよね。

もちろんそれはわかっています。

この手法は私が全く勝てなかった時に遊びから気付いた手法です。

何をやっても勝てなかった私には勝てる手法となっています。

話を続けると、基本的には決済と同時にまた両建てです。

なぜまた両建てするのか?それは決済した後反転する事なくまたその方向に進む事が良くあるからです。

そうなると含み損が膨らみます

なのでマネーマネジメントがとても重要になってくるのです。

いくらの幅で利確し反転しない状態で何回まで耐えられるか?それを把握しておく必要があるのです

そうでなければ資金を吹き飛ばしてしまいかねません。

多くは語りませんがご自身の資金の許容量は把握しなければいけないと思います。

これはどの手法でトレードするにもとても大事な事だと思います。

またこの事をいい加減に考えているといつまでも勝てない事になりかねません。

私の個人的な考えではありますが…

少し言い方を変えるとマネーマネジメントを真面目に考える事が出来ると言う事は勝ち組の思考に近づいている(なっている)と言えると考えています。

また大半がマネーマネジメントの話になってしまいましたが、次回はこの私の手法の基本中の基本についてもう少し語らせて頂きその後続きをお伝えして行こうと思います。

 

今これを書いている最中何だか円高方向へ、日経先物も株安方向に動いていますが…

 

 

ではトレードは自己責任の範囲で行って頂き、皆さんにとっていい結果が出る事を願っています。

良いトレードを!

byパラボ